体外受精・顕微授精TOP > 体外受精の妊娠率
診療理念 体外受精(IVF)セミナー 出産のお便り 電話無料相談 インターネット予約
 

体外受精の実績(妊娠率)

体外受精の実績(妊娠率)

こちらの結果は、新たに当クリニックを訪れた患者さまだけでなく、他院で結果が出ずに当クリニックに転院された患者さまや、数ある評判の高い不妊治療専門の病院から転院された患者さまの妊娠率です。この中には、比較的年齢の高い患者さまを多く含みます。

さらに当クリニックの不妊治療では、35歳以下の方の1回目の移植胚数は原則1個で実施していますが、それでも全国平均を大きく上回る実績を残すことができ、皆さまより良い評価をいただいております。

 

年度別実績紹介

  • 2014年度の実績
  • 2013年度の実績
  • 2012年度の実績
  • 2011年度の実績
  • 2010年度の実績
    2014年度
  • 胚移植当たりの妊娠率
  • 治療法 当院 全国平均
    CONV(一般体外受精) 29.4%(5/17) 26.4%
    ICSI(顕微受精) 37.5%(9/24) 22.0%
    CryoET(凍結融解移植) 60.5%(458/759) 32.1%
  • 胚移植当たりの年齢妊娠率
  • 〜29歳 30〜34歳 35〜39歳 40〜43歳 全体 全国平均
    56.3%
    (9/16)
    75.2%
    (121/161)
    64.3%
    (189/294)
    49.8%
    (164/329)
    60.4%
    (483/800)
    21.8%
    培養成績
  • 凍結胚融解時の生存率
  • 前核期胚(受精卵) 98.4%(500/508個)
    分割胚 98.8%(851/861個)
    胚盤胞 98.9%(534/540個)
  • 採卵周期の胚盤胞到達率
  • 64.8% (1103/1702)
  • 新鮮胚移植における胚盤胞到達率
  • 69.1% (65/94)
    2013年度
  • 胚移植当たりの妊娠率
  • 治療法 当院 全国平均
    CONV(一般体外受精) 34.8%(8/23) 26.4%
    ICSI(顕微受精) 42.2%(19/45) 22.0%
    CryoET(凍結融解移植) 43.6%(275/631) 32.1%
  • 胚移植当たりの年齢妊娠率
  • 〜29歳 30〜34歳 35〜39歳 40〜43歳 全体 全国平均
    44.4%
    (12/27)
    60.3%
    (82/136)
    51.1%
    (136/266)
    26.7%
    (72/270)
    43.2%
    (302/699)
    21.8%
    培養成績
  • 凍結胚融解時の生存率
  • 前核期胚(受精卵) 96.8%(302/312個)
    分割胚 97.8%(496/507個)
    胚盤胞 98.1%(358/365個)
  • 採卵周期の胚盤胞到達率
  • 58.7% (1056/1798)
  • 新鮮胚移植における胚盤胞到達率
  • 64.7% (130/201)
    2012年度
  • 胚移植当たりの妊娠率
  • 治療法 当院 全国平均
    CONV(一般体外受精) 30.0%(9/30) 26.4%
    ICSI(顕微受精) 41.0%(16/38) 22.0%
    CryoET(凍結融解移植) 38.8%(154/397) 32.1%
  • 胚移植当たりの年齢妊娠率
  • 〜29歳 30〜34歳 35〜39歳 40〜43歳 全体 全国平均
    63.6%
    (14/22)
    59.4%
    (57/96)
    39.6%
    (61/154)
    28.4%
    (42/148)
    41.4%
    (174/420)
    21.8%
    培養成績
  • 凍結胚融解時の生存率
  • 前核期胚(受精卵) 96.2%(229/238個)
    分割胚 99.1%(329/332個)
    胚盤胞 98.2%(216/220個)
  • 新鮮胚移植における胚盤胞到達率
  • 60.0% (576/960)
    2011年度
  • 胚移植当たりの妊娠率
  • 治療法 当院 全国平均
    CONV(一般体外受精) 27.3%(6/22) 26.4%
    ICSI(顕微受精) 42.1%(16/38) 22.0%
    CryoET(凍結融解移植) 41.6%(69/166) 32.1%
  • 胚移植当たりの年齢妊娠率
  • 〜29歳 30〜34歳 35〜39歳 40〜43歳 43歳〜 全体 全国平均
    45.5%
    (5/11)
    57.5%
    (27/47)
    39.3%
    (35/89)
    29.7%
    (19/64)
    39.3%
    (3/15)
    39.4%
    (89/226)
    21.8%
    培養成績
  • 凍結胚融解時の生存率
  • 前核期胚(受精卵) 94.9%(129/136個)
    分割胚 99.4%(169/170個)
    胚盤胞 97.0%(65/67個)
  • 新鮮胚移植における胚盤胞到達率
  • 64.2%(310/558)
    2010年度
  • 胚移植当たりの妊娠率
  • 治療法 当院 全国平均
    CONV(一般体外受精) 100% 26.4%
    ICSI(顕微受精) 62.5% 22.0%
    CryoET(凍結融解移植) 40.0% 32.1%
  • 胚移植当たりの年齢妊娠率
  • 〜29歳 30〜34歳 35〜39歳 43歳〜 全体 全国平均
    100% 71% 48% 30% 49% 21.8%
    培養成績
  • 凍結胚融解時の生存率
  • 前核期胚 95%
    分割胚 100%
    胚盤胞 100%
  • 新鮮胚移植における胚盤胞到達率
  • 57.6%

凍結胚融解時の生存率や胚盤胞到達率は、医院やクリニックの培養室(ラボ)のクオリティを評価する上で、よい指標になると考えられています。

当クリニックでは、通常、諸外国での凍結胚融解時の生存率が80%位のところ、それを上回る非常に高い生存率を示すことができました。
また、前核期胚(2PN)からの胚盤胞到達率についても、諸外国では平均30~50%のところ、当クリニックでは、2014年度は69.1%と、同じく高い到達率を示すことができました。
不妊治療については、さまざまな口コミや評判がWebサイトに掲載されておりますが、それらの評判や口コミの情報と併せて、前述のような実績もご参考いただき、ご検討いただければと考えております。

ページトップへ
 

Copyright(c) 不妊治療・体外受精なら大阪の不妊治療専門病院レディースクリニック北浜 All rights reserved.