体外受精・顕微授精TOP > 不妊治療の種類
診療理念 体外受精(IVF)セミナー 出産のお便り 電話無料相談 インターネット予約
 

不妊治療の種類

 

不妊治療には、一般不妊治療と高度不妊治療があり、
タイミング指導」「人工授精法(AIH)」「体外受精法」の大きく3つに分類されます。
タイミング指導と人工授精法を一般不妊治療、体外受精(顕微授精を含む)などの高度な技術を用いる方法を高度不妊治療といいます。

顕微授精
  • タイミング指導
  • 基礎体温、ホルモン検査、超音波検査などから医師が排卵を予測、もっとも妊娠しやすいタイミングで夫婦生活を持つように指導するものです。排卵(誘発剤の使用も含む)、卵管の通過性、精液検査に問題がない場合が適応となります。

  • 人工授精法(AIH)
  • 採取した精液を洗浄し、運動性の良い精子に濃縮して子宮へ注入する治療法です。排卵(誘発剤の使用も含む)、卵管の通過性に問題はないが、自然妊娠では少し難しい場合が適応となります。

  • 体外受精/媒精
  • 卵子を体外に取り出し、培養液の中で精子を振りかけるようにして受精を助け、受精卵を培養し、受精2~5日後に子宮内に胚を移植する方法です。一般不妊治療で妊娠が成立されない方、卵管の通過性や精液検査で問題がある場合などが適応になります。

  • 体外受精/顕微授精
  • 体外受精の受精方法のひとつで、顕微鏡下に採取した卵子の細胞質内に1匹の精子を直接注入する方法です。重度の男性不妊や媒精で受精が認められなかった場合などが適応となります。

 

関連治療など

  • AHA
  • 母体の加齢とともに卵子の胚を覆う透明帯が厚くなったり、凍結することで硬くなることがあります。
    胚は透明帯を破って孵化しないかぎり着床することができません。
    そのため、透明帯の一部を切開したり、溶剤で溶かしたり、またすべてを脱出させるなどして孵化を助けます。(アシスティッドハッチング)

  • TESE
  • 射精精液中に精子が1匹も見当たらない無精子症の場合に行なう手術で、精巣を開き、精細管から組織を採取し、その中から精子を見つけ、これを顕微授精します。

ページトップへ
 

Copyright(c) 不妊治療・体外受精なら大阪の不妊治療専門病院レディースクリニック北浜 All rights reserved.